仕事を通じて英語力を磨くことが可能な外資系企業3つの特徴

外資系
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。SeNoteです。

転職2回を経て、現在3社目の外資系企業でプロジェクトマネージャーとして働いています。

当時、私が外資系企業への転職を検討した理由の一つが、

英語を使う環境で働き、英語のスキルを伸ばすためでした。

外資系企業とはいっても、様々な種類があります。

英語を全く使用しない、たまに使用する、毎日のように使用する、など。

働き始めてから一定期間が経過したため、

転職当時の選択が上手くいったのか振り返りも兼ねて、考えてみました。

本記事では、国内にある外資系企業でどのような環境の企業を選択すれば、

英語スキル(聞く、話す、書く、読む)が伸びるか、に関してまとめます。

結論を申し上げると、自身の経験から以下のような企業が適していると言えます。

①日本法人が未成熟である(日本法人設立後、間もないなど)
②上司が日本人以外で定期的にコミュニケーションが必要
③顧客と英語でやり取りを行うこともある

私は今の環境が英語スキル向上に繋がったと考えているわけですが、

働いている企業のバックグラウンド、英語使用頻度などから考察していきます。

国内の外資系企業で働きながら英語スキルを伸ばしたい方にとって、

どのような企業や環境を選ぶと良いか、参考になれば幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

企業のバックグラウンド

米国に本社のある企業でそこそこ歴史があります。

ただ、日本法人は設立して数年のため歴史が浅い環境です。

米国本社には様々なノウハウは溜まっていますが、日本法人にはありません。

設立間もない企業でも、体系的に情報を整理している企業もありますが、

私の勤める会社はほぼ何も整備されていませんでした笑

日本に顧客がいるにも関わらず、

ドキュメントもなく、導入したら導入したで放ったらかし・・・

責任は誰にあるとか、そういったことを言いたいわけではないため止めますが、

これまで見てきた企業の中でも抜群に組織としてはポンコツレベルでした。

ただ、業務スキル・経験はある程度積んでいるが、英語スキルは難あり、

という私にとっては、様々なことを学習する上では悪くない環境でした。

というのも、日本向けのドキュメントも業務プロセスもほぼ何もないので、

全て自分で、米国の担当とやり取りしながら組み立てる機会を得られたためです。

当然日本語は通じないため、全て英語で情報収集を行います。

質問表、メール、Webミーティング、などを駆使します。

とくに、英語話者たちが理解しやすい語順(結論〜詳細へ)があるため、

意識して取り組むこともできました。

最初のうちは、

何言ってるか分かんね、だったり、

そもそも回答返ってこなかったり、

苦しみました。

しかし、何度もトライして回答が得やすくなっていきました。

日本語と比べれば、足元にも及びませんが、

それでも定期的に使うことで少しずつ改善を実感できています。

小まとめとして、

何も無ければ何もないほど、本社とのやり取りの頻度は増えます。

その時のコミュニケーションは英語です。

結果的に、英語使用頻度が増え、英語スキルの伸長が期待できます。

組織体制

私の所属する会社では、プロジェクトマネージャーは米国のチームメンバーです。

日本法人に籍をおいていますが、組織上は米国のメンバーです。

そのため、直属のボスは米国にいます。

上司と定期的に1on1があるので、米国のボスと会話しなければなりません。

ボスは入社のための面接をしてくれた人で、話すのがめちゃ速いです。

入社してからも全く変わりませんでした。

それがいつの間にか、この速度が当たり前となると慣れてきます。

速いし、全ては理解できないけど、言いたいことは大体分かるみたいな感じです。

耳が慣れてきたのかな、と理解しています。

何か質問されれば、回答すれば理解されているので、

必要なことはきちんと聞き取れているはずです。

小まとめとしては、

日本人以外が自分の上司になるか、

1on1や必要に応じてWebミーティングがあるか、

という機会があるかが、国内外資系企業での英語スキル伸長に関係します。

業務環境

顧客の大半は日本企業のため、業務では日本語の使用が圧倒的に多いです。

しかし、自社サービスの特徴ゆえ、多国籍な日本の大企業での導入もあり、

海外の子会社やグループ会社でも使用する、という要望をいただくこともあります。

そのため、英語でトレーニングをしたり、疑問への回答をしたりする時もあります。

日本語であれば、大体こんなこと話そうとざっとテキストでまとめれば十分ですが、

英語の場合にはテキストにまとめた後に何度も繰り返し練習を行いました。

社内で英語を話すのと、顧客に英語で話すのは、緊張感が違います。

緊張感を持って取り組んだことは身に付きやすいのか

1回目よりも2回目、2回目よりも3回目というように、

口から滑らかに説明が出てくるようになりました。

小まとめとして、

顧客と英語を使ってコミュニケーションを取る機会の有無で、

英語スキル向上に差が出てきます。

まとめ – 組織の成熟度、上司、顧客とのやり取りを見てみよう

国内の外資系企業で英語スキルが伸ばすためには、

どのような環境を選択すると良いのか、に関してまとめました。

結論は以下の通りです。

①日本法人が未成熟である(日本法人設立後、間もないなど)
②上司が日本人以外で定期的にコミュニケーションが必要
③顧客と英語でやり取りを行うこともある

法人が未成熟であればあるほど、海外本社へ英語で確認する頻度が増えます。

試行回数が増えれば増えるだけ、

英語を使うことへの抵抗は減りますし、使い慣れてきます。

結果的に、読み書き、話すに関するスキルの向上を実現しました。

入社した当初は上司は日本人で日本にいました。

紆余曲折あり上司が海外本社の方になりましたが、

英語を聞くスキルの上昇において大きな影響がありました。

最後に、顧客と英語でやり取りすることで良い緊張感を得られます。

社内よりも緊張感高く準備を含めて対応を行うため、

聞く、話すのスキル向上に貢献しました。

上記の観点で、転職時に具体的に聞いてみることをお勧めします。

以上、参考になれば幸いです。

そもそも外資系企業を目指すために、必要な英語力が気になる方は以下をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました