海外転職に向けての英文レジュメ(CV)書き方まとめ

レジュメ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。SeNoteです。

転職2回を経まして、現在外資系企業にてプロジェクトマネージャーとして働いています。

海外転職を検討しており、まずは日本語職歴書をまとめ直すという記事を書きました。

次に作成した日本語職歴書を元に英文レジュメも書き上げました。

職歴書の内容に沿っているため内容に差分はありませんが

構成が日本語職歴書とは異なるため参考情報としてまとめます。

ちなみに、英文レジュメ単体で作成するよりも時間は短縮できました。

以降の構成でも記載しますが

要約(Summary)は日本語職歴書の職務要約を生かせましたし

職務経歴(Career History)も同様です。

何を伝えようかを日本語で整理することは効果的であることがわかりました。

構成

以下のような構成です。

  • 文書の右上に氏名、住所、連絡先(電話番号+Eメールアドレス)
  • タイトル(Curriculum Vitaeと記載)
  • 要約(Summary)
  • 職務経歴(Career History)
  • 最終学歴(Education)
  • 技術スキル(Technical Skills)
  • 言語(Languages)
  • 誕生日(Birthdate)

前回の外資転職時の履歴書をベースとしており

海外転職を狙うときに言語や誕生日が必要になるかは現時点では不明です。

実際に応募するタイミングにエージェントに確認入れてみようと思います。

要約(Summary)の書き方

日本語職歴書で記載した職務要約の部分にあたります。

スキル・能力をできる限りアピールする書き方を意識して欲しいです。

例えば、顧客との対話をベースにした要件定義が得意な場合には

コミュニケーション能力が「非常に」優れていて

顧客の要望を「深く」理解し

「ピッタリと」合うような要件定義ができる

といったように強調する言葉をうまく使いながらまとめましょう。

日本語職歴書では強調表現を使うことはほとんどありませんが

英文レジュメでは強調を効果的に使ってアピールが必要です。

なぜなら、他の求職者は当然アピールしてくるためです。

レジュメが通らなければもちろん面接には進むことができません。

数多提出されるレジュメの中から

自分のレジュメに目を止めてもらうためにも

他の求職者と同じようにアピールは必須です。

謙虚さはここでは必要ありません。

職歴(Career History)について

職歴は日本語職歴書で記載した職務経歴の内容と同一でOKです。

日本語職歴書は表形式でまとめましたが、

英文レジュメでは下のイメージのように記載します。

CareerHistroy sample

CareerHistroy sample

  • 会社名+在籍期間
  • 部署・チーム名+期間
  • タイトル(+期間)←同一部署で複数タイトルについた場合は期間追加
  • 職歴

箇条書きにする場合には、先頭の書き出しを揃えるルールがあります。

私は動詞を先頭にして、箇条書きをまとめています。

また記載したタイトルや職歴は応募する職種ごとに微調整します。

特定のタイトルでXX年以上という足切りを設けていることも想定されるためです。

タイトルは違うが能力・経験は応募する業務に対応可能ということもあり得ます。

私はプロジェクトマネージャーというタイトルで働いていますが

一般的なプロジェクトマネージャーよりも自身で手を動かすことが多く

コンサル、ソリューションアーキテクト、カスタマーサクセス・・・

など幅広い業務が含まれています。

もちろん、できないことを書くことはNGです。

面接で露見するか、たまたま通過しても実際の仕事で貢献できないためです。

正直に、

しかしタイトルはあくまでもタイトルのため

応募する業務に適応可能な能力・経験があるならタイトルを調整しましょう。

その他について

最終学歴(Education)は言及することないです。

技術スキル(Technical Skills)は日本語職歴書のコピペで大丈夫でしょう。

言語(Languages)は読む、書く、話す、聞くがある程度できる言語を記載します。

ただ、英語圏にある外資系企業で働くのに英語が無いとさすがに通過しないかと思います。

誕生日(Birthdate)も言及することないです。

年齢が理由で落ちることはないと聞いたこともありますが

同一の業務レベルなら年齢が若い方がビザが通りやすい、等の理由でしょうか。

嘘を書くわけにもいかないので、正直に誕生日を記載する以外ありません。

まとめ – 日本語職歴書があれば英文レジュメに適用可能

日本語職歴書を作成しておけば英文レジュメを作成する時にも効果的です。

構成は日本語職歴書と英文レジュメは異なります。

英文レジュメでよく使われる構成を使用しましょう。

要約(Summary)はアピールです。

強調するようなワードを使いながら表現しましょう。

職歴(Career History)はタイトルや職歴を応募ごとに微調整しましょう。

応募職種に業務として対応できるならタイトルも調整します。

英文レジュメ作成する方の参考になれば幸いです。

作成した英文レジュメを使って、自分は今後海外転職にトライしてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました