転職を成功させるために転職エージェントの役割・考えを理解しよう!

転職
この記事は約9分で読めます。

こんにちは。SeNoteです。

転職2回を経まして、現在は外資系企業でプロジェクトマネージャーとして働いております。

さて、転職検討中のみなさんはどのように転職を進められようとしていますか。

直接応募でしょうか?転職エージェント・リクルータ経由でしょうか?

好みもあると思いますが

私は転職エージェント・リクルータの利用をお勧めします。

彼らをうまく使うことで、以下のような利点があるからです。

  • 転職活動を効率よく進められる
  • あなたを上手く見せる方法を知っている
  • 重要な年収の交渉をしてくれる

もちろん、エージェント・リクルータは支援する理由があります。

彼らの収入に影響するからです。

さながら、転職エージェント・リクルータを使う転職活動は

求職者である「あなた」と仲介者である「転職エージェント」が

お互いの利害を上手く利用しながらゴール(=転職)を目指す活動のことです。

本日の記事は以下のことをまとめました。

  • 転職エージェント側から見た求職者(=あなた)はどんな存在か
  • 求職者(=あなた)から見て転職エージェントをどう使うか

利害を理解し活用することで、あなた本意のより良い転職活動を実現できます。

それでは、早速ご覧ください。

転職エージェント・リクルータにとって、あなたは大切な商品

あなたはエージェント・リクルータにとってお金をもたらす存在です。

彼らの売上はあなたが紹介された企業に入るかどうかで決まるからです。

あなたが内定を得て、エージェントから紹介された企業に入ることを決心します。

すると、企業(=彼らの顧客)から彼らに手数料が支払われます。

手数料はあなたの年収の30%くらいが相場のようです。

企業と特別契約している場合だと、更に多くの手数料が入ることもあるようです。

いずれにせよ、手数料はあなたが内定を得て、さらに入社することでもたらされます。

そのため、商品の魅力を最大限に引き出すことが彼らの役割の一つです。

商品に磨きをかけるために無料で様々なサービスを提供

もしあなたが何かを買ってもらいたい場合、どんなことをするでしょうか?

雑貨屋さんであれば

商品をより人目の付く位置に置き、毎日埃をはらって綺麗にします。

さらに興味を示す人には熱心に商品の魅力を語るでしょう。

一連の流れは全て営業努力という行動です。

購入してもらって初めて売り上げを手にすることができるのです。

エージェントも同じです。

あなたという商品がより注目されるように経歴書のチェックをします。

面接であなたが魅力を上手く企業に伝えられるようにトレーニングを提供します。

事前準備を抜かりなく実施できるように他の候補者がよく聞かれる質問を伝えます。

これらは全てあなたが内定を得て、入社する可能性をあげるための営業活動です。

無償でサービスを提供というと胡散臭く感じる方もいるかもしれません。

しかし、全てのものやサービスを売る営利組織・個人がやっていることと同じです。

何もおかしなことはありません。そういうものです。

企業が候補者を気に入ってくれるように懸命に頑張ってくれます。

商品だからこそ高値(=高年収)で取引してくれる可能性も

あなたが努力の末内定を得て、どの会社に転職しようかと考えている時。

この時こそ、エージェントの出番です。

上記したように、彼らはあなたが紹介した企業に入社すると手数料を得ます。

手数料は年収の約30%です。

1,000万円で入社すると、300万円。

1,500万円で入社すると、450万円。

企業と交渉に成功すれば、彼らの手数料も一気に増える可能性があります。

ですので、800万円希望だったが、900万円にしたいと言えば交渉してくれます。

企業も候補者を採用するための予算があるので無茶はできませんが

せっかく見つけた有望な候補者を逃して1からやり直すコストを考えると

100万円アップを受け入れるという企業もあります。

特にあなたが複数の内定を得ていて、強気に出れる立場にあれば尚良しです👍

エージェントも高値でまとめるために他社の条件を聞き、打ち負かす努力を始めます。

あとは任せておきましょう。

よほど無茶な要求でなければ大半はエージェントがなんとかやってくれるはずです。

最終決定権は商品が持っている

面白いのは最終的な決定権(このお客さんに買って欲しい)は商品が持っています。

つまり、あなたが選ぶ権利を持っています。

他の売買とは少し異なる特徴です。

エージェントは紹介して内定を得た企業に入ってもらいたいと考えているでしょう。

エージェントのフォローにも力が入ります。

少しやり過ぎだなぁと思うケースもあるのですが、仕方ないと思います。

彼らにとっては、手数料が入るか、入らないかの勝負どころのためです。

とはいえ

最後に決めるのはあなたです。

どれだけエージェントに親切にしてもらったとしても

 

自分が一番良いと思う道を選びましょう。

 

どの道を選んだとしても、選ばなかった道というのは気になるものです。

あなたにとってエージェント・リクルータは武器の一つ

次に、候補者側から見た場合、エージェントは自分が使える武器と考えましょう。

あなたは転職活動をより有利に進めるために武器(=エージェント)を使いこなす

という考え方が必要となります。

武器は様々な使い方ができます。

自己分析の壁打ちをしてより魅力的に自身を表現する方法を探ったり

本番で想定される質問をもらい、事前に面接のロールプレイングをしたり

内定先企業への年収交渉を依頼したり、と様々なシーンで活躍してくれます。

上手く使いこなすことで、より有利に効率的に転職活動を進めることが可能です。

複数のエージェント・リクルータに相談する

転職活動をより有利に進めるために、複数エージェントを使うべきです。

得意/不得意、持っている案件などがエージェント・リクルータごとに異なるためです。

特定の業界に強かったり、外資系企業に強かったり、それぞれ特色もあります。

特定のエージェントのみに求人を出している企業もあります。

複数エージェントを使い分けることであなたの機会は増えるでしょう。

エージェントの意見は話半分で聞く

転職活動を行うのも、最後内定先を決めるのも求職者であるあなたです。

エージェントはあなたに色々なインプットをしてきます。

悪いことをインプットされるわけではないのですが

注意しないとエージェントの持っていきたい方向に間接的に誘導されます。

実際にあったのですが

リクルータから転職のゴールを聞かせて欲しい、壁打ちの相手になります、と。

候補者にとっては思考の整理のために有効です。

実はエージェントも有益な情報を得ています。

あなたを微調整するための情報です。

どういうことかというと、転職活動をしていると目移りすることがあります。

成長業界で働きたい!と言ったものの、大企業が魅力的に見えたり

大企業で長期的なキャリア作りたい!と言ったもののスタートアップが気になったり

というよう感じに。

そんな時に壁打ちエージェントは行ってきます。

〇〇さん、私は以前聞きました。

転職のゴールは成長業界で働き、20代のうちにスキル、経験を積み上げること、だと。

今迷われている企業は今回の転職のゴールに見合うものでしょうか?と。

これを言われた時は、はっ!としました。

壁打ちの意図はそういうことか、と。素晴らしい営業手法だなと。

理由は、候補者が自分で話したことをアンカーにしている、ためです。

あなたが話した言葉を使って、言葉は悪いが誘導しています。

ただ、あなたが話したことであるため誘導感がさほどないのです。

素晴らしいテクニックでした。

百戦錬磨エージェントたちの話を全て聞いていたら決められません。

エージェントの話は話半分に、参考にする程度に、というくらいが良いでしょう。

最後の最後、複数内定が出た時のために

内定が出たら、進んでいる案件を持っているエージェントたちに報告しましょう。

複数の内定が出ている、ということが重要です。

エージェントはこの時に思います。よしあと一息だ。

選ばれれば手数料取得、選ばれなければ手数料を逃す、と。

先に申し上げた誘導テクニックを含めて色々と話したがります。

エージェントたちとの会話は個人的には楽しいものです。

自分のことをこんなに熱心に考えてくれるのか!とさえ思います。

営業だから当然です。

大事なのは冷静になって以下を考えることです。

  • 自分が転職して実現したいこと
  • 内定したどの企業で実現したいことが達成されるかということ

見る、語るべきはエージェントたちではありません。

すべきことは2つです。

①内定先企業の比較表を作成(あなたの転職の軸をベースに)
②年収をエージェントに交渉させる

①に関して

最終面接まで受けているということは、どの企業も甲乙つけがたいはず

とはいえ、選べるのは1社

なぜ転職するのか、希望はいずれの企業でより満たせるかを最終検討します。

綺麗な表は必要なく、あなたが大事にしたいポイントを洗い出せばOKです。

もし聞けていないことがあれば、内定先に追加質問の機会をもらうと良いでしょう。

②に関して

私の考えるエージェントの一番大事な仕事です。

最後に武器として精一杯頑張ってもらいましょう。

1回目の内資大企業、スタートアップは交渉NGでした。

2回目の外資系企業は全て交渉可能で100万円以上増えました。

企業もここまで面接した労力、新たに探す労力を考えると

100、200万円くらいは都合がつくケースが多いようです。

もちろん、予算の範囲内であるという条件はつきます。

私が使った転職エージェント・サービス

1回目

  • ビズリーチ
  • JACリクルートメント(ビズリーチ経由)
  • 中小エージェント(ビズリーチ経由)
  • ギークリー

2回目

  • Linkedin
  • JAC international(Linkedin経由、JACリクルートメントグループ、外資企業向け)
  • Hays Japan(Linkedin、外資企業向け)

ご参考までに、Linkedinに関してはこちらの記事もぜひ。

まとめ – 転職エージェントとうまく付き合おう

転職エージェントから見ると、あなたは大事な大事な商品です。

商品に磨きをかけて顧客である企業に買ってもらいたい

そのため、商品に磨きをかけるサービスは無償で提供されます。

候補者であるあなたから見ると、エージェントは武器の一つです。

あなたがより良い結果を得るために、武器は複数用意して使い分けましょう。

エージェントは話がうまい、理解も早い、なので話は参考程度に。

あくまでも主体はあなたです。エージェントはそのサポーター。

とはいえ、内定が出たら年収交渉で最後の最後まで頑張ってもらいましょう。

以上、

転職をする上でのエージェントがどのようにあなたを見ているか

あなたはエージェントをどのように使うべきか

ということをまとめました。

何か一つでも参考になる点があれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました