初めての外資系企業転職 – 英語面接に臨むための3つの準備

外資系
この記事は約11分で読めます。

こんにちは。SeNoteです。

転職2回を経て、私のキャリアで初めての外資系企業でプロジェクトマネージャーとして働いています。

初めて外資系企業を受ける場合、英語面接の準備は欠かせません。以前の記事でも書いたのですが、外資系企業の面接を受けた人が英語面接のあった確率は50%以上

これを考慮すると、これから外資系企業への転職を考える人にとって「英語面接の準備」というのは必須と言えそうです。

海外への留学経験があったり、勤務経験があったり、帰国子女だったりであれば不要でしょう。

しかし、日本国内で育ち働いてきた大半の人たちは英語面接の準備を必ず実施して欲しいです。

というのも、英語面接の準備をするだけで、収入アップ、責任範囲の広いやりがいのある仕事、効率的な働き方、を得られる可能性がグッと高められるからです。

本記事では、私の経験を踏まえ英語面接で準備すべきことを解説します。

最初に結論を申し上げると、準備すべきは以下の3点です。

 ①英語面接の本を参考に想定問答集を作成・ひたすら練習
 ②英語面接のロールプレイ
 ③オンライン面接の環境整備

それでは、早速具体的な内容を確認しましょう。

※本記事は外資系転職を目指すどなたでも使えますが、特に以下の方を対象としています。

  • 英語の聞き取りがある程度でき、話すことへの抵抗も少ない方(TOEICであれば700点程度)

英語面接の本を参考に想定問答集を作成・ひたすら練習

そもそもみなさんは普段英語を聞いたり、話したりする機会はどのくらいあるでしょうか?

おそらく、本記事を読んでいただいている方はそんなに英語に触れる頻度が多くないのではないかと考えています。

日本に住んでたら日本語で会話する頻度の方が多いわけですから仕方ないです。

しかしです。

そんな普段英語を話すことも聞くことも機会の少ない日本人が、英語で聞かれたことに対して納得のいく回答できるでしょうか。

日本語で自己紹介してください、と言われて困ることってほとんどありません。

英語で自己紹介してください、と言われて簡潔に自分のキャリアを説明できるでしょうか・・・

私は自分のキャリアを説明できる自信はなく、どのような内容を伝えるべきかも理解していませんでした。

そこで、ある程度体系的にまとめられた英語面接の本を参考に、想定問答集を作成。それをひたすら練習して暗唱するという方法で進めることにしました。

英語面接の本を用いて想定問答集の作成、十分な練習が必要な理由を以下に記載します。

面接で自分の能力・経験を面接官に理解してもらうため

まず一つ目の理由はこちらです。

どれだけ私たちが仕事で優秀な成果を出してきたと自負していても相手にその内容が伝わらなければ面接を突破できないからです。

面接では短い時間で、必要充分な範囲で、自分のスキル、経験を伝え、あなたのことを理解してもらう必要があります。

普段使い慣れていない英語であなたの良さを伝えるためには、知ってもらうためのエピソードの準備とそれを伝える練習が欠かせません。

どれだけ素晴らしいスキル、経験があっても言葉を尽くして伝えない限り、その良さは伝わらないのです。

面接は自分という唯一無二の商品を売り込むプロセスのため

2つ目の理由として、面接はあなたという商品を売り込むプロセスであるということです。

面接は自分という商品のプレゼンの場であり、面接官は購買決定者の一人。

その人に自分という商品を買わないと勿体無い、損をする、と思ってもらう必要があります。

「売り込み」という活動は営業であれ、エンジニアであれ何かを提案する時には必ず行う行動です。

面接も同じで、面接官に魅力的な提案であるということを言葉を尽くして伝えます。

商品が自分であれば、プログラミングスキル、マネジメント経験、顧客との折衝能力、などなど

具体的な数字、最終的な結果、仮に上手くいかなかった場合にはどのように改善をしたか、といったことも重要ですね。

また商品を売り込む時には、売り込む時に適切な言葉やフレーズ、話の進め方があります。

使い慣れない英語で自分を売り込むために、想定問答集とそれを使った練習は必須と考えます。

咄嗟に機転を利かせた返答準備のため

3つ目の理由は機転を利かせた返答ができるようにするためです。

面接官から時に、必ずしも完璧にマッチする経験はしていないが過去の経験をもとにして、問われたことにも対応できるということを示す必要のある問いが発せられる時があります。

例えば、多国籍の人との就労経験はあるかという質問をされたことがあります。(当然初めての外資系企業の転職でしたので経験はありませんでした。)

しかし、この質問に対して多国籍な人々と仕事をしたことは「ない」という回答では面接を突破できない可能性があります。

この時に面接官が聞きたいことは、多国籍な人々(=多様な価値観を持った人々)を相手にして仕事で成果を出せるか?ということと解釈すると、例えば以下のような回答が可能です。

利害関係の異なるステークホルダに対して言葉を尽くしてプロジェクトを推進した経験がある(=そのため、多国籍な人たちとの仕事でも成果を出せる)

様々な業界のシステム開発をリードした。業界ごとに異なる慣習や仕事の進め方があるが、顧客と関係性を構築し都度確認を取りながら仕事を進めた経験がある(=そのため、多国籍な人たちとの仕事でも成果を出せる)

嘘や過度な誇張はNGですが、上記のような経験があるのであれば、直接の経験はないが私は〇〇といった経験があるので、対応し貢献できる、というのは問題ありません。
※入社後にできるといっていた業務ができないとすぐに首を切られるかもしれないのでご注意ください

これは想定問答集にはなかったのですが、リクルータから事前に聞かれる可能性のある質問リストに入っていたため急遽準備をしました。

頭を回転させて考え、さらに使い慣れていない英語を使って表現するのは非常に難しいため、事前にパターンや回答集の準備は不可欠です。

使用した英語面接の本

使用したテキストは以下の通りです。

本屋さんの店頭で内容を確認して良さそうであれば一冊持っておくと準備が進めやすくなります。

(MP3音声&ワークシート付き)新 面接の英語

英語面接のロールプレイ

英語面接の本を活用し、想定問答集および独り言呟き暗唱で、ある程度の自信が持てたら次はロールプレイを行います。

オンライン英会話の講師やリクルータなど、英語で面接練習をしてくれる相手と面接本番のように質問してもらい、回答します。

ロールプレイを行う理由

一人で暗唱しているだけだと、本番話そうとした時に話せなくなってしまう時があるからです。

不思議なのですが、暗唱しているときは上手くできるようになっていたのにいざ本番では頭が真っ白になってしまうことがあります。

ロールプレイはできる限り不足の事態が発生しないように、英語面接に慣れるために行うトレーニングです。

聞いてもらうと、論理的に繋がりづらいところが確認できたり、面接練習をしてくれる相手によってはより自然なワーディングに直してくれたりします。

練習とはいえ、ロールプレイは本番と似たような緊張感を事前に味わうことも可能で、本番に多少緊張しなくなる効果もあると考えます。

それでも、本番はかなり緊張しますが・・・

誰とロールプレイを行うか

英会話講師やリクルータに協力してもらうのが良いと思います。(日本人ではない方がより本番に近い環境を作れます)

オンライ英会話を数ヶ月間だけ契約して練習というのもありかもしれません。お勧めはCamblyです。(英語に慣れるためのオンライン英会話の紹介はまたいずれ)

リクルータは自分の売上に直結するので協力してくれる可能性は高いと思います。(私はある外資系企業を受けた時、5回練習をさせてもらい無事内定をゲットしました)

どのようにロールプレイを行うか

想定問答集の質問をいくつか渡して、順番をランダムに質問してもらい回答を行います。

たまに、想定していなかった質問もしてくれるとより面接に近い緊張感を味わうことができます。(リクルータの場合はいい感じにやってくれました)

私はトライズという英語コーチングに通っていた時期だったため、ネイティブにスクリプト修正から、ロールプレイまで一通りお願いしていました。

ロールプレイは一度で終わりではなく、一度終わったら想定問答集の修正、再度暗唱、再度ロールプレイを納得いくまで繰り返します。

その結果、より論理的で、説得力のある回答が完成するでしょう。

オンライン面接環境を整備する

英語面接のための準備の3つ目は、最近機会の多い「オンライン面接のための準備」を解説します。

COVID-19の影響もあり、面接がオンラインで実施される可能性は高いです。

私が受けた外資系企業は全てオンライン面接でした。

海外の本社にいる上司や同僚とは必然的にオンライン面接です。(朝早いの辛い・・・)

想定問答集の準備と練習と比べると、プラスアルファの意味合いが大きいです。

ただ、せっかく得たチャンスを無駄にしないためにも、細かなところにこだわって少しでもより良い状態で面接に臨むためにもないがしろにはできません!

ネットワーク速度確認

見落としがちなのですが、契約中のネットワーク回線がよく使われる時間帯と面接の時間帯が被っても大丈夫そうかは確認必須です。

通信環境が悪いと、いくら準備しても伝えたいことが伝えらない、相手の言っていることが分からない、となってしまいます。

ネットワークの速度が不十分でコミュニケーションが成立しない環境は未然に防いでおきたいです。

自宅のインターネット回線の速度が遅い場合、以下ような解決方法があります。

イヤホン/ヘッドフォンの準備

聞き取りづらさを解消するために、イヤホン/ヘッドフォンの利用がお勧めです。英語をできる限りクリアに聴きやすくするためです。

生活音やPCのデフォルトスピーカーの音質が原因で、面接官の声が聴きづらいという可能性を可能な限り排除できます。

さらに、ノイズキャンセリング対応なら周囲の音が聞こえなくなるため、より面接に集中できるでしょう。

マイクの準備

私は使いませんでしたが、PCのマイクだと少し離れて言葉を発した時に上手く音を拾わないこともあるようです。

もし面接官が実は聞き取りづらい状況だったとすると、せっかく準備して良いことを言っていても実は伝わっていなかったという最悪の状態になります。

面接官も一回くらいはフォローしてくれるかもしれませんが、あまりにも頻繁だと面倒くさくて聞いてくれなくなるかもしれません・・・

Youtuberたちをみているとマイクを使っている人も多いので、彼らも聞き取りづらいことによる視聴者の離脱というのを防ぐために徹底した対策を取っていると考えられます。

マイクもものによりけりですが、働き方として在宅勤務が今後も続いていくということを考えると、投資として購入しても良いかもしれません。

私は以下のマイクが欲しいです。

YETI プロフェッショナルなレコーディングを実現する究極のUSBマイク

カンペの準備

あまり声を大にしては言えないですが、面接中にどうしても頭が真っ白になった時の保険として用意しておきます。

あくまでも保険です!

カンペは配置する位置が超重要です。できる限りカメラから目線が逸れないところに置くべきです。

ラップトップを使っている場合は、ラップトップのデスクトップに付箋なりメモ帳なりで表示します。

ラップトップのカメラを使っている場合は、目線が逸れるため外部ディスプレイには配置するのは良くないです。

画面の向こうの面接官は、面接者がチラチラどこかをみていたらカンペ見てるなと気づくかもしれないからです。

またカンペを見たとしても棒読みにならないように注意しましょう。

何か読んでるなと思われてたら、良い印象を与えることはできません。

最後にカンペはお守りで、基本的に使わなくて済むくらいに練習しましょう。私がチラッと見たことは秘密です。

面接最終準備

最後に、じっちゃま(@hirosetakao)から学んだ面接直前の準備をご紹介します。

※じっちゃまは、私が英語を学び外資系、はたまた将来外国で働くという目標を持つのに影響を受けた方です。

この準備をしてから臨んだ転職面接の合格率は50%以上でした!じっちゃまに超感謝です。

以下、じっちゃまのTweetを参考にして引用転載しています。

面接の前に駅のトイレでもどこでもいいのですけどこのような「V」サインを2分間、作ってください。カラダがホカホカしてくるまで腕を下げないで!

Nixon-depart crop.png
By Ollie Atkins; cropped by Beyond My Ken (talk) 03:01, 13 July 2018 (UTC) – http://sca.gmu.edu/exhibit/atkins_1.htm#nixon Public Domain, Link

(よし、やるぞ!)というキモチが高まったら、あとはアタマのスイッチを「OFF」にするイメージを描き、そのままなにも考えず面接に臨むこと。 上手な回答、ソツのないインタビューを目指すのではなく、ひたすらハキハキしていれば、それだけでオッケ。

※今は鍵垢なので、フォロワーしか確認できません。じっちゃまTweet

まとめ(外資系企業転職のため初めての英語面接の準備)

外資系企業に転職を目指す方々が初めての英語面接を実施する際の準備すべきこと、その理由をまとめました。

・普段から英語を使い慣れている人でない限り、英語面接本を読み、想定問答集を作成しあなたを伝え切れるように何度も練習しましょう

・一人での練習である程度目処が立ってきたら、英会話講師やリクルータを相手に本番と似た環境を作り、ロールプレイを行いましょう

・オンラインでの面接が増えています。オンライン面接での不測の事態を防ぐためにネットワーク速度の確認、イヤホン/ヘッドフォン、マイクなど機材で使えるものはなんでも使いましょう

初めての外資系転職を目指す方が英語面接を突破して、より良い環境を得ることのお役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました